不動産保険(火災保険・入居者保険)

不動産を取得したら必要な2つの保険

Support for those who want to manage real estate

あなたが不動産を所有したら、または今現在所有しているとしたら、必ず手続きをして加入(契約)しておいてほしいのが火災保険です。
起きてからでは遅いのが保険事故の怖いところです。
火災保険は、もし仮に以下に掲げるような重大な事故などがあった時に備えるためです。

大家がかける建物への火災保険の場合

1. 火災事故

入居者による場合や放火を受けた場合や災害などによって、
→「火災が起きて建物が全焼」

2. 水害事故

北海道は特にですが凍結による水道管の破裂や大雨による浸水
→「水害で設備や床が損傷」

3. 地震災害

大津波や大地震による建物の被害は通常の火災保険では免責
→「地震による倒壊や傾き」

4. 賠償事故

建物備え付けの看板や設備が誤って駐車場に置いてある車両を損壊
→「他人の器物損壊」

※これらはあくまでも一例に過ぎません

入居者がかける入居者用保険の場合

case 1

冬場の長期外出時の水抜きを怠ったため2F部屋水道管が破裂
→「下の階への水漏れによる被害事故」

case 2

入居者が掃除中に誤って自分の家財を壊した
→「不測かつ突発的な事故」

case 3

入居者が誤って部屋に備え付けていた設備を損壊
→「建物所有者への賠償事故」

※これらはあくまでも一例に過ぎません

不動産保険の取り扱い

The concept of real estate prices

上記でお話ししたように、おもに不動産の保険では2つの保険を意識してそれぞれに加入します。
一つは、大家である所有者が自らかける「火災保険」、そして地域によっては地震保険も付帯してください。
もう一つは、入居者自身がかける「入居者用保険(家財保険)」です。しかし、当然法律上こちらの保険は強制力はありませんのであくまでも任意での加入をすすめるといった流れとなります。
あくまでも、あなた自身と入居者自身がそれぞれ事故の重大さを認識して(認識させて)、適切な内容でそれぞれの火災保険に加入する事が重要です。

必要な保険
所有者がかける「火災保険」
入居者がかける「入居者用保険(家財保険)」

火災保険のみならず保険のプロフェッショナルにおまかせ

The concept of real estate prices

弊社では、代表者自らが15年以上に渡る、現場経験とたたき上げの知識によって培ってきた実績があります。
そのため火災保険のみならず、自動車保険や傷害保険や医療保険などもしっかりとした内容でご契約まで設計します。
さらにくわえて、もしもの事故時(ここが一番肝心です)には、徹底して事故の対応のみならず弁護士の手配や庶務も率先して一緒になって動きます。
 弊社では、「事故時のための保険」というモットーを最重要視し、そのための保険内容の設計や被保険者(保険を受ける人)範囲などを徹底してヒアリングしております。
万が一にも、安心して可能な限り日常生活に支障を出さないよう心身ともにケアをしながら対応するのが責任と心得ております。

「事故時のための保険」というモットーを最重要視し、そのための保険内容の設計や被保険者(保険を受ける人)範囲などを徹底してヒアリングしております

今現在加入しているけど途中で契約は変えられるのか

The concept of real estate prices

ご安心ください。契約の途中でも他社から弊社へのお乗り換えは可能です。
火災保険は自動車保険と違って「等級=割増引」の制度がないため比較的楽に契約の手続きが可能です。
注意としましては、比較的どこの保険会社でも古い契約の方が、「割引の恩恵もしくは保険料安」だったり、長期契約(10年以上)で加入していたりと、内容によっては旧契約のままの方が望ましい場合も時にあります。その点も踏まえてしっかりと、アドバイスしながらご提案していきます。
強引になんでも契約を移せば良いというものではありません。
他社の方が良い商品内容のものもあります。

保険をかけるうえで「たいせつなのはあなた」であり「保険会社(代理店)ではないという事です。

契約の途中でも他社から弊社へのお乗り換えは可能

不動産投資について

The concept of real estate prices


お気軽にご相談ください

Contact us


お電話でお問い合わせ
(平日受付am9:30〜17:30)

011-776-7177

メールによるお問い合わせ
(24時間受付)

お問い合わせフォーム