不動産投資をはじめよう

不動産投資とは

What is real estate?

不動産投資とは簡単に言えば、家やアパートなどの「不動産」を取得してそれらを「第三者に貸して利益を得る」投資の総称です。また、それら不動産を所有する人たちのことを一般的に「大家(おおや)」と呼んでいます。

不動産投資とは、「不動産」を取得して
それらを「第三者に貸して利益を得る」投資の総称

不動産投資では、利便性の高いエリアや知名度(人気度)の高いエリアにある収益性の高い物件を所有し、運用すれば、大きな利益(お金)を得ることが出来ます。
また、それらを何棟も所有し家賃収入という利益(お金)を得る事で毎年毎月、今まで以上の可処分所得(自由に使えるお金)を得る事が出来ます。

実物資産(不動産)を運用して利益=お金を得る」。 これが不動産投資です。

不動産投資で
夢の生活を実現

Realize your dream life

投資の世界では、さまざまな資金や資産の運用方法がありますが、ここではそれら投資方法の中でも、王道であり最もメジャーな「不動産投資」に注目してご説明します。
先に述べたように、不動産投資とは「家やアパート」などの実物不動産を所有し、それらを第三者に賃貸する事で、賃借料(家賃)を得られる投資方法です。
あなたが、条件の良いエリアでもしも不動産を所有し続けたらあなたの人生はどうなるでしょう?

  •  好きな趣味を楽しんだり

    好きな趣味を楽しんだり

  • 好きな場所に旅行に行ったり

  • 好きな物を買えたり

  • 会社を辞めて脱サラ

などなど、あなたにとって多くの人生の選択肢が開かれることでしょう

弊社では、これから不動産投資をはじめるあなたの資産形成を加速させるお手伝いを全力で致します。

想像してくらべてみましょう

Let's imagine and compare

もし、あなたがサラリーマンだとして、不動産投資をはじめた場合と比較してみましょう。

  • サラリーマンの
    場合のイメージ
    サラリーマンの年収イメージ
    安定はしているが、
    収益に大きな変化は無し
  • 不動産投資で資産形成を
    加速した一例のイメージ
    不動産投資を加えた年収イメージ

    通常収入+不動産収入 (※手残り)
    年間120万円増収入

※手残りとは借入などをして家賃収入と支出を相殺して最終的に手元に残るお金のこと

不動産投資には2種類ある

Two types of real estate

戸建&ワンルーム投資

戸建て投資

戸建&ワンルーム投資 ・・・一軒家を購入して、第三者に貸し出す投資方法です。

ワンルーム投資

・・分譲マンションの一室を購入して、第三者に貸し出す投資方法です。
特徴としては、建物全体ではなく、他人が所有する建物の一室のみを購入するため、購入コストを抑える事と、なにより建物全体におよぶリスクを一室に限定出来るメリットがあります。
そのため、経年劣化(年数とともに老化して痛む現象)による修繕費や維持費などを軽減出来ます。
これはデメリットとしては、一室分の収益しか得られないので大きく利益を得る事は難しいのと、 何よりも、一室しかないため「空室」が発生すると1円の利益も得られない空室リスクがあります。

一棟買い投資

一棟買い投資

・・・アパートやマンションなどの集合住宅を丸ごと一棟購入して、複数の第三者へ貸し出す方法です。 特徴としては、イニシャルコスト(初期費用)は相当かかってきますが、その分多くの利益(家賃収入)を得る事が出来ます。また、不動産投資で最大のリスクと言えるのが「空室リスク」ですが、複数の第三者へ貸し出す事でそのリスクを戸数(入居者の数)分散する事が出来のも一棟買いの大きな特徴です。 デメリットとしては、建物全体を所有するため大家としての責任と同時に、大規模修繕や維持管理費などの戸建やワンルーム以上の必要経費が発生するリスクがあります。
しかしながら、「戸数が多く」、「入居率が高い」のであれば入ってくる利益(家賃収入)も多くなるので、それを積み立てる事で将来の発生リスクに事前に備える事も出来ます。

資金がなくても「融資を利用」してはじめられる

Start with a loan

不動産投資と聞いて、多くの人がまず先にあたまに思い浮かべる事が「多くのお金が必要」でしょ、という点ではないでしょうか。
正直、それは正解です。不動産投資では、物件にもよりますがやはり多くの資金となる、お金を必要とする投資でもあります。
ここまではなしを聞いてくれたあなた・・・では、不動産投資にせっかく魅力を感じたのに残念無念と諦めなければならないのでしょうか・・・・。
不動産投資では、多くの大家が「融資」を利用しています。

融資が絶対条件という事ではないのですが、資金に余裕がないときや、1棟2棟と物件を買い進めていきたいときには非常に有効であり、とってもありがたい「手段」なので、嫌煙せずに有効活用をおすすめします。
また、不動産融資では、毎月得られる「家賃収入」から「融資返済」を差し引いて支払う資金運用を行うのが一般的なので、返済資金を別途新たに用意したりする懸念を払拭出来ます。
融資を活用する事で、1年でも1か月でも早く資産運用で夢の生活を実現出来る可能性が高まります。

2つの収益「運用益」と「売却益」

The Two Profits of Real Estate Investment

一般的に不動産融資は「家賃収入」と呼ばれる、第三者への賃貸収入から得られる収益「運用益」がありますが、実は最大のリターンを狙えるもうひとつの収益が不動産を売却した時に得られる「売却益」です。
 不動産投資では、これら2つの収益を組み合わせる事で資産を何倍も効率よく膨らませる事が出来ます。
最初は、物件を取得して家賃収入を得ながら融資返済していく、運用益中心の投資を行います。
最終的には、投資戦略などによりますが、数年~8年ほどである程度の融資元金を返済してしまい、運用益も得られたところで、物件そのものを第三者に売却(譲渡)してしまい大きな売却益を得ます。
 「売却」が絶対というわけではなく、相続や節税などの理由により持ち続ける人も存在しています。

  • 運用益

    -インカムゲイン-

    賃貸収入から得られる収益

  • 売却益

    -キャピタルゲイン-

    売却した時に得られる収益

たいせつなご家族のための生命保険の代わりになる

An alternatie to life insurance

家族を持たれるご家庭では、一家の大黒柱が万が一亡くなった時に備えて、一般的には生命保険に加入しているご家庭も多くいらっしゃるのが事実ですよね。

不動産投資は、その生命保険の代わりとしても有効活用されているのをご存じでしたでしょうか。


では、なぜ不動産投資が「生命保険の代わり」となり得るのかをすこしご説明していきましょう。
 不動産投資とは、すでにお話したように実物不動産である動産「戸建やアパート」などを所有して、第三者から賃貸収入を得る投資であるという事はご承知のとおりだと思います。

では、この不動産投資ですが仮に融資(ローン)の支払い途中だった場合に、その契約者である家族の大黒柱が亡くなった時や、また高度障害の状態に陥ってしまったときをイメージしてみてください。
 一般的に融資を契約する際には、契約者は「団体信用生命保険(ダンシン)」と呼ばれる保険に加入するか否かを選択して加入する事が出来ます。※原則加入する金融機関が多い
もし、万が一この団体信用生命保険に加入していて、契約者である一家の大黒柱が亡くなったり、高度障害に陥ってしまった時は、この生命保険で向こう一切の支払いを免除されるという保証が受けられる。
そのため、借金のない不動産物件だけが家族に残るという事になるので、それが継続して家賃収入を遺族にもたらすという事は、すなわち

「生命保険の代わり」

と呼べる事になると言えるのではないでしょうか。

年金対策にも役立つ不動産投資

Pension measures

「年金の代わり」に「お金を稼ぎ続ける資産」を保有することのメリット

年金は、一定の条件を満たした場合に国から支給されるお金(老後の生活費)であり、働く事のできない年齢になっても継続的な収入を得られるため老後の大きな助けとなるお金です。
我々日本の年金構造は若い人が老人を養うというスキームから成る、「世代間扶養」です。
そのため、年々若い人が支払う年金保険料は大きく値上がりし、将来受け取る年金給付額は少しずつ目減りして行っているのが現状です。これは一重に若い人が減り老人が増えているので起こる当然の現象です。
年金の詳しい説明はここでは割愛しますが、少子高齢化が進むこの日本では、お金を稼ぐ働き手となる若者が減る一方で、比率として現役をリタイアした老人人口は増え続ける事が予想されるため、年金の原資が不足となりえる事態が予想されるのです。

そのため、いざあなたが年金を受け取る年齢に達したときには、安定した手厚い年金制度ではすでになくなっている可能性は十分にあるという事です。  ここで、ようやく不動産投資のはなしになるのですが、では不動産投資による資産運用であればどうなのでしょうか・・・。
やはり、不動産投資であれば物件が空室にならない限り安定して家賃収入が入ってきますし、希望の価格で買い手がつけば売却益を狙う事も十分に可能です。 たとえ売らずとも、「年金の代わり」に「お金を稼ぎ続ける資産」として保有するのは大きなメリットがあると言えるでしょう。

相続税対策としての
活用も出来る

Inferitance tax planning

投資目的で取得した不動産は、相続税対策として役立つメリットがあります。
これは現金での相続をするよりも、不動産として相続させる事で税制面での優遇を受けられるからです。
たとえば、5000万円の現金を持っている人が亡くなりました、相続税法上では5000万円がそのままの価値として評価されてそこに対して相続税が課税されてしまいます。
しかし、不動産として相続した場合は、固定資産評価額をもとに相続税が計算されるため現金相続に比べて相続税が低くなる可能性が高くなるんです。  相続税対策としながら、家賃収入で年金の代用としても不動産は大活躍しますので一石二鳥ですね。

不動産投資につきまとう「リスク」を考えよう

Real Estate Risk

では、いろいろと一部リスクを含めてすでに多くの魅力をお伝えしてきた不動産投資ですが、 当然の事ながらリスクも同時に存在します。ここをしっかりと理解して不動産投資をする事が、上手に不動産投資と付き合っていくうえで必要不可欠なたいせつな要素と言えます。

  • 空室リスク

    貸し出した物件に入居者が入らず「家賃収入が得られない」

  • 家賃滞納リスク

    入居者はいるけれど家賃が滞納で入らない「家賃の未回収」

  • 価格変動リスク

    立地や国の政策や経済状況で手にした「物件の価格下落」

それぞれのリスクがあるように、当然それぞれのリスクに対する対応策もあります。
しっかりと、弊社スタッフがリスクを踏まえた対策を講じながら一緒に不動産投資を実行します。

不動産投資について

The concept of real estate prices


お気軽にご相談ください

Contact us


お電話でお問い合わせ
(平日受付am9:30〜17:30)

011-776-7177

メールによるお問い合わせ
(24時間受付)

お問い合わせフォーム